香典に「奠」の文字を用いる意味(香典返し礼状)

香典に「奠」の文字を用いる意味(香典返し礼状)

古くから香典には「奠」の字を用いていました。
一般的な事ではあったのですが、奠というのは供え物の意味になっていて、香典というのは、故人にたいする供え物であると同時に、不意の事態に遭遇した故人や家族への支援の意味もあります。
そもそもこれが香典の意義だといえたでしょう。
最近では香典返し礼状が必要になる場合も多く、それを準備する遺族が増えてきました。
不意の事態に遭遇した故人や家族への支援というのをありがたく受け取る事は大切です。
ですがそれに対するお返しをしっかりするかどうかというのも、これからは重要になってくるのだと思います。

 

出産内祝いのマナー
カタログのレビュー
レターパック500のメリット

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>