出産内祝いのマナー

出産内祝いのマナー

出産祝いをいただいたら、いただいてからなるべく早く、内祝いの品を贈るのがマナーです。
お宮参りの時期(生後1か月頃)を目安にするとよいでしょう。

新しい家族のお披露目という意味で、赤ちゃんの写真入りの

メッセージカードを添えると喜ばれる内祝いとなります。

最近ではカタログギフトが主流になっています。

品物を贈る場合は、せっけんやタオルなど実用品を選びましょう。

熨斗書きは「内祝」として、水引は何度も繰り返されることを願って紅白の蝶結びを使います。
熨斗の下段の名前の部分は赤ちゃんの名前にします。読み方が難しい名前には振り仮名を振ります。

費用の目安はいただいた金額の半分から3分の1とします。

カタログのレビュー
レターパック500のメリット
カタログギフトのニッケ

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>